2016年2月27日土曜日

登山ナイフ33

今日は登山ナイフの続きです。

切り出した黒檀、貼り合わせる面(接着面)がガタガタのボロボロ…。
前回紹介したように、一部曲がってしまってます。
なので、この接着面をキレイにしていきます。
ここで,本来であればエンバン教祖さんに教わったエンバンを出したい所なのですが……、まだ作製途中(チョット手を付けただけ…)なので、ここは教祖様を鞍替えして…セキバン(石盤)教祖さんの方法で面を出します。
ちなみに…「セキバン教祖」さん=ものずきさんです。
左にものずきさんのブログをリンクしていますので、ぜひご覧下さい。
色々タメになる事がたくさん書いてありますよ。

という事で、前振りが長くなりましたが、ホームセンターで数百円で売っている大理石?の敷石??を買ってきまして、両面テープ(セキバン教祖さんはスプレー糊)で石に#100番のペーパーをセットして、面を出す方を宛ててゴリゴリとやっていきます。

登山ナイフ212

では、続きは下をポチッとな!。


続きです。

切ったまんまの状態。最初はこんな感じで、ガタガタのボロボロですが…。

登山ナイフ213

セキバンでゴリゴリとやっていると、だんだんこんな感じに面が出てきます。

登山ナイフ214

実際にゴリゴリとやっている図です。
けっこうな削り粉が舞うので…防塵マスクは必須です。あと、横で掃除機を回しながらゴリゴリとやります。

登山ナイフ215

だんだんキレイになってきました。
前回紹介した曲がった所、けっこう傷が深くて難儀します…。

登山ナイフ216

ある程度、削りカスが溜まったら、掃除機で吸い取ります。
何かとても気持ち良い感じで吸い取れますよ。

登山ナイフ217

で、見事に面出し完了!。
これを2本分。計4面の加工になります。
けっこうシンドイですね…。

登山ナイフ218

ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿