2018年4月22日日曜日

コンテストナイフ29 の36

今日もコンテストナイフの続きです。

ベルトループの加工からスタートです。
ループの端を縫い付けます。
縫うラインをだいたい決めます。
このラインの位置決め、今思えばもう少し端の方ギリギリでよかったかなぁ〜?。
まぁいろいろ反省点満載の作品です。次回の作品には反映していきたいと思います。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年4月21日土曜日

コンテストナイフ29 の35

どうしても間が空いてしまいます。
心を入れ替えて?日々更新するつもりでしたが、やはり毎日の更新は辛いですね〜。
まぁ、可能な限り更新していきたいと思います。

さて、脱線が2回も続いたので、また本編に戻って…このコンテストナイフシリーズを終わりにしましょう。けど、もう少し続くので、お付き合いを宜しくお願いします。

さてさて、前回でフックを付ける段取りをしましたが、その上からアルミのプレートを貼ります。前々回くらいにベルトループを取り付けるところにアルミプレートの使用を紹介しましたが、こちら表面になる側にもプレートを貼ります。
野暮ったい?木鞘ケースにブレードと同じ形のプレートを入れることでアクセントとなり、少しはケースがスリムに見えるようになる?という効果を狙います。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年4月15日日曜日

脱線2

せっかくなので、今日もボールペンの続きです。
が、ちょっと脱線の脱線です。
鍛金で、せっかく銅を使っているので、銅の着色法について色々勉強?しました。
煮色というのをやっていたいのですが、硫酸銅という劇物を使わなければならないので、まだ敷居が高いので、とりあえず簡単に?できる緋銅にチャレンジしました。

まずはお水を用意。
100均で売ってる瓶に水を入れて計測。約380cc。


さてさて、どうやるのかな?。
続きは下をポチッとな!。

2018年4月14日土曜日

脱線1

またまたサボり癖が炸裂です…。
細々と記事(文章)は書いていたのですが、先日、パソコンがちょっと不調になり、書きかけのデータが丸々消えてしまいました…。こういうのはテンション下がりますね〜。
もう一度同じ記事を書くのも癪なので…、ちょっと脱線にします。

と、いう事で脱線です。
先日、ボールペン作りの紹介をしましたが、さらに進化して?、鍛金でこんなボールペンを作るようになりました。
すでにフェイスブックやインスタにはアップしていますが、このタイプはこちら(ブログ)では初めてですね。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年4月7日土曜日

コンテストナイフ29 の34

今日、JCKMナイフショーに行ってきましたよ。
今回も…カメラを忘れてしまいました。銀座に着いて会場の風景写真を撮ろうとしてカメラを忘れたのに気がつきました。ナイフショーの詳細については他の方のブログなどをみて下さい。今回、色々な方とたくさんお話ができて、とてもタメになりました。色々情報を提供していただいたメーカーさん、本当にありがとうございました。

さて、そんな訳で、こちらのブログは引き続きコンテストナイフの続きです
ベルトループの付く面、革の形に合わせて形を整えていきます。
ケースの面からの立ち上がりは、綺麗なカーブで。
大きなルータービットで成形していきます。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年4月6日金曜日

コンテストナイフ29 の33

コンテストナイフの続きです。
木鞘と並行して木鞘用のベルトループを作ります。
ベルトループまで木で作っても良いのですが、今回はちょっと思う処があって革を使います。
先ずは型紙を。
変な形でしょ〜。変なナイフの変なケースのベルトループなので、当然変ですよね〜。


では、続きは下をポチッとな!。

2018年4月4日水曜日

コンテストナイフ29 の32

またまた長い間サボってしまいました。
家の用事とか法事とかが重なって、バタバタとやっております。

さて、仕事を口実に?ブログやHPの更新をサボりまくってますが…、今年度は心を入れ替えて可能な限り更新していきたいと思います。
↑↑↑年度の所信表明演説?

さてさて、前回からの続きです。
刃の入る部分をザグッていきます。
最初の一彫りは慎重に!。細い目の細かいルータービットで彫ります。


では、続きは下をポチッとな!。