2016年2月20日土曜日

登山ナイフ28

今日は登山ナイフの続きです。

ヒルトの準備ができたので、ピンを用意します。
ピンは3mmの真鍮です。
現物合わせで長さを取って…まぁ、幅20mmの真鍮材なので25mmくらいの長さです。
スパイラルの糸ノコで切ってます。

登山ナイフ182

では続きは下をポチッとな!。


続きです。

で、切り出した真鍮材を磨いて一皮剥きます。
ヒルト材に開けた穴は3mmジャスト。で、このピンも3mmジャスト!。
なので…このままでは、かなり無理しないと入らないですからね。
なので、真鍮棒を紙ヤスリで磨いて一皮剥いて、微妙~に細くします。
見た目でも判ると思いますが、左がビフォー右がアフターです。

登山ナイフ183

磨きの途中の写真です。
奥に転がっているのが磨きに使った#320番のペーパーです。
で、手前の細目ヤスリは真鍮棒の先端の角落とし用です。

登山ナイフ184

さて、真鍮のピンも用意ができたので、接着の準備に入ります。
接着の準備、奥に見える絵の具?の容器は???。
実は、接着剤に混ぜる顔料なんですよ。
画材屋さんに行くと、金の顔料を売っています。
これって、実は真鍮粉なんですよね。
これを耳かき1杯くらい接着剤に混ぜるだけで、ヒルト材に上手く馴染んでくれます。
けど、何で3個も??。

登山ナイフ185

実は、金の顔料でも微妙に色が違うんですよ(写真だとあまり違いが判りませんね)。
ナチュラルな金に対して、赤みが少しある赤金、青みが少しある青金の3種類です。
だいたい青金かナチュラルな金を使う事が多いです。

登山ナイフ186

この他に、銀の顔料とカッパー(銅)の顔料も持っていますよ。
ちなみに、銀の顔料はアルミ粉です。ちなみにちなみに、アルミ粉は火気厳禁ですよ~。

では、今日はこんなところで。

2 件のコメント:

  1. 真鍮粉なんて市販されているんですね。
    僕は黒檀の粉と茶色い木粉は持っていますが、これは知りませんでした。
    今真鍮ヒルト作ってますが、銀色背着剤じゃちょっとな、と思っていた所でした。

    返信削除
    返信
    1. 雄さん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      真鍮粉は画材屋さんで数百円で購入できますよ〜。
      記事に書いた通り、銀の素?のアルミ粉も銅もあります。
      あと、パール顔料やラメもあるので、使い方によっては色々面白い事ができると思います。
      それと、色々な色の顔料も数多く市販されているので、ハンドル材に色を合わせた接着剤も簡単に作れますよ。
      ぜひ画材屋さんを覗いてみて下さい(^o^)/。

      削除