2016年2月2日火曜日

登山ナイフ22

登山ナイフの続きです。

前回で鍛造風の鎚目を彫り終わったので、ここから改めてベベル(刃面)の削りをしていきます。
ベベルにワザとらしく?入れた鎚目の境、このままではダレダレなので、ベベル面を一皮剥く様な感じで…削って、鎚目との境をキチっとしていきます。
先ずはベベルストップ(刃面の付け根のところ)のところ、けっこう荒れているので、細目の丸ヤスリで整形&削り込んでいきます。

登山ナイフ148

では、続きは下をポチッとな!。




続きです。

ベベルストップのところ、こんな感じで少しづつ削っていきます。

登山ナイフ149

で、ベベルストップの削りが完了。ついで?でベベルストップからベベルへの繋がりも滑らかになるように調整していきます。

登山ナイフ150

反対の面も同じように加工します。

登山ナイフ151

削りが完成したら、#320番でヤスリ目を取ります。
当て板は5mmの丸棒を使います。

登山ナイフ152

こんな感じで磨きますよ。

登山ナイフ153

ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿