2016年1月27日水曜日

登山ナイフ19

今日もナイフの続きです。

ですが、その前に。
新しいブログ、Bloggerでも記事をコンパクトにできる事が判りました。
俗に?「続きを読む」ですね。
今まで通りの「続きは下をポチッとな!」が使えます。
まぁ、何より見やすくなるのが嬉しいかな?。

さて、本題に。
昨日の続きで、再度裏側に戻って、削り途中のベベル(刃面)の続きに入ります。

登山ナイフ126

では、続きは下をポチッとな!。



続きです。

ノコヤスリの「L」を使っているので、けっこう早く削れますよ。
まぁ、削りの工程に効率を求める訳ではないのですが、労せず上手く削れれば嬉しいですよね。

登山ナイフ127

さて、ノコヤスリはザクザク削れて気持ち良いのですが、切削面がガタガタになります。ので、改めて平ヤスリで面出しをしていきます。

登山ナイフ128

こんな感じで削ります。
何か…ナイフらしくなってきましたね〜。

登山ナイフ129

両面削りました。
まだけっこうな厚みがあります。
写真では判りませんが、1mm以上あります。

登山ナイフ130

なので、またちょっとエッジ部分を削って、これ以上削ってはいけないマークを付けて…ベベル面を削っていきます。
チョット判りにくい文章ですね…、まぁ、要は刃面を薄くしていきます。

登山ナイフ131

均等に薄くなるように、両面を少しづつ削っていきます。

登山ナイフ132

で、ここまで削った削りカスは…こんなテンコ盛りに〜。

登山ナイフ133

ではでは,今日はこんなところで。

2 件のコメント:

  1. Ben2さん、おはようございます。

    長さが長く厚みもあるナイフだから削りかすの量もたくさんですね。

    それにしてもノコヤスリってヤスリの域を超えているくらいすごいパワーの持ち主ですね。

    木も削れるのかな?


    返信削除
  2. くりくりさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    削りカス、ある意味、とても励みになりますよ。
    こんなに削ったんだぜ〜!。って、ニヤニヤしちゃいますよ。

    ノコヤスリの切れ味は凄いですよ。
    木は、ザクザクと!、いとも簡単に削ってくれます。
    ぜひぜひお試し下さい〜。

    返信削除