2017年9月30日土曜日

コンテストナイフ29 の11

前にも書きましたが、週刊状態になってます。まぁ、今の所このペースがベストかなぁ。
しばらくはこんな感じで更新していきますので、よろしくお願いします。

さて、今日もコンテストナイフの続きです。
前回、鉄ノコで切れ目を入れて、さらに切れ込みを足していく途中で終わりましたので、続きを。
一応、前面に切り込みを入れ終わりました。
なかなか綺麗でしょう。


続きは下をポチッとな…の前に、ちょっとアップを。


空冷エンジンのフィンみたいでいい感じ〜。
ではでは、続きは下をポチッとな!。

続きです。
反対面も切り込みを足していきます。


で、こんな感じに切れ込みを入れ終わりました。
綺麗ですね〜。


で、ちょっと勿体ないけど、これを削らないことにはブレードベベルができないので…、ゴリゴリと削っていきたいと思います。が…


今回のブレードもコンベックスグラインドですから、コンベックスの頂点辺りに罫書き(マジックで)を入れます。
ここを目安に削っていきますが、左右対称に加工するためには、少々面倒でも型紙を作って罫書きを入れます。


反対側も同じところにラインを引きます。


で、削り始めますが、まずは急な角度(だいたい45度)で削りを入れます。
ここは棒ヤスリが重宝しますね。
削りをセンターラインぎりぎりまで削り込みます。


で、45度に削ったところに、これ以上削ってはいけないマークの赤マジックを塗って、いよいよ本削りのスタートです。


ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿