2016年3月19日土曜日

コンテストナイフ28…プロローグ1

昨日は失礼しました。
帰ってから…何か異様に疲れて……バタンキュ〜でした。

さてさて、今日は!。題名の通り今年のコンテスト用ナイフについてです。

いよいよ今年のコンテスト用ナイフの作製に着手しております。
例年よりチョット早めのスタートになっています。
当然、今年もチョット(かなり)変なナイフを考えていますよ。
今年のナイフは、初の挑戦でインテグラルにしようか?…って考えまして。
加えて、柄から何から全て無垢の鋼材で作ってみよう!。
更に加えて、一時期流行った流線型ならぬ「流面型」のデザインにしてみよう!。

という事で、スケッチを色々起こしまして、スケッチだけでは「流面型」ってイメージできないので粘土をコネコネやって、柄の部分の感じを掴み、最終的なモックアップを作ってバランス等を確認しました。
けっこう良い感じだと自負しております。
まぁ…まだ今の段階ではデザインをお披露目できません。ご容赦下さい。

さてさて、ここでチョット問題が…。
柄から何から含めて、全て無垢材から作るとなると…、問題になるのは重さ。
一応、鋼材はいつものSUS440cを考えています。
で、今のデザインを削り出すには300×60×30mmの鋼材のブロックが必要になります。ネット通販できるサイトで見積もりを出してみたら…鋼材だけで1万円!。
まぁ値段は置いといても、重さが想像つきません。

どれくらいの重さになるのか…。
モックアップがあるので、鋼材との比重換算でオオマカですが、重さの予想はできます。
なので、SUS440cの端材と同じサイズのモックアップの材料を切り出して比重の比率を求めます。
モックアップに使った材料は6mm厚なので、6mm厚のSUS440cの端材を…まぁ端材には事欠きません。左が100均で仕入れた厚紙の様な?木の様な??材料。右が6mm厚のSUS440cです。


ではでは、続きは下をポチッとな!。
…っとその前に。
先週ですが久しぶりにホームページの更新をしました。
ずっと更新をサボっていたので……、一昨年のナイフコンテストでアートナイフ賞を戴いた「木魂」の紹介です。
前のブログの「コンテスト26」で紹介していた記事をまとめたものです。
写真も多いので、まだ作製工程の途中までしか紹介していませんが、良かったら見てみて下さい。
ホームページのリンクは上と左にありますが、一応。
http://ben2knife.web.fc2.com/index.html
あと、前のブログもコチラです。
http://blog.zaq.ne.jp/ben2ben/category/33/

 では改めて…続きは下をポチッとな!。



続きです。

先ずはモックアップの材料を測ってみます。
約10.9gです。


で、SUS440cの端材は…?。
なんと!、ほぼ10倍の約109gです。


これで、モックアップを計量して、その10倍が完成品の重さになる訳です…。
で、モックアップを測ってみたら…………………、


なんと、約80g。
これを10倍すると……約800g!!。
全長約300mmのナイフが800g!!。
これは結構ズッシリ!というか、かなり重たいナイフになってしまいます。
これは…インテグラルを諦めて、セパレートのタイプにしないと。
ただ、メタルな感じが欲しいので、木は使わないでジュラルミンかな〜。
ん〜〜……どうしよう!。

デザインは固まったものの、まだ、もう少しいろいろ悩みそうです。

ではでは、今日はこんなところで。

2 件のコメント:

  1. ついに今年もスタートですね。
    どんなデザインか楽しみです。
    しかし、800gですか、ダンベルになりそうですね。

    返信削除
    返信
    1. 銀爺さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      返信遅くなってスミマセン。

      デザイン、けっこう良い線いってるかな〜って自負しております。

      800g……、ほんとダンベルと同じですね。
      何とか軽量する方法を考えないと…です。

      削除