2016年10月21日金曜日

JKGナイフショー2016 の2

今日もJKGナイフショーの模様を紹介しますね。
まずはこちら、私と同じ地元の九鬼さんです。
タマゴヒコーキならぬ、タマゴナイフでいつも紹介しています。が、見てお判りの通り、普通のナイフ?も作っていますよ。


では、続きは下をポチッとな!。

九鬼さんの続きです。
今回、面白いものを見つけましたよ。
この4本。上からラブレスのビックベアー。その下がチョット小さいビックベアー。その下が、かなり小さいビックベアー。一番下がデフォルメされたタマゴビックベアーですね。


 こちらは、やまめ工房の五十嵐さん。
最近?フォールディングナイフを作り始めた…という事だそうですが…まだまだ勉強中との事ですが、全然、クオリティ高い品でした。右の方はシースナイフです。


さて、こちらは、あの、有名な山本さんですよ。
左に Toru Yamamoto Knivesでリンクを貼っています。よかったら見てみてください。
で、今回の面白ナイフ。一番大きなトレーに載っているナイフですよ。
トマソンというナイフです。
トマソンとは…説明すると長くなるので、興味ある方はググって下さい。
このトマソンというナイフ、種明しすると、フォールディングナイフに見えるシースナイフです。可動部は一切ありません。全く?(ほとんど)実用性は無い洒落の効いた作品だと思います。


ちなみに、本当のフォールディングであれば、刃の収まるこの溝。全くのフェイクです。が、ボルスター(中の板)が鏡面仕上げになっていて、合わせ鏡の様になってるので、奥にあるスプリング(フェイクです)のファイルワークが万華鏡の様に、無限に広がって見えます。
文章で書いても判りにくいと思いますので写真を載せてありますが、やはり本物を見ていただくのが一番かな?。機会があったら是非是非です。


 こちらは同じ山本ですが、静岡の山本さんです。左にNOBU'S工房記録でリンクを貼っています。よかった見てみてください。
今回、あまりお話ができませんでした。が、ブログで拝見してるナイフがずらり。やはり画面で見るのと現物は全然違いますね。


こちらは九州から参戦の松崎さん。
今回、コンテストにガットフックスキナーのフォールディングナイフで出品されて受賞されています。


このテーブルでビックリしたのがコチラ。
名刺立てなのですが、何と石鯛の口の骨…だそうです。
名刺の大きさから判ると思いますが、結構大きくシッカリした物でした。


こちらは篠崎さん。
右奥の2本を持たせてもらいましたが、結構ズッシリと重いナイフでした。
左隣のテーブルの加藤さん(昨日紹介してます)の大きいナイフと同じくらいの重さ。実は持ち比べされてもらいましたよ。


さて、本日最後は山形からの高本さん。左にparkside knives のブログでリンクを貼っています。見てみてくださいね。
前回のショーレポでも紹介したハンドアックス(手斧)がありました。
これ、やっぱり良いなぁ、作ってみたいなぁ…。今度パクらせてもらいます。


ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿