2016年10月7日金曜日

コンテストナイフ28の作製記 20

さてさて、飽きずに…、今日もコンテストナイフの続きです。

さて、前回の削りからさらに進みます。
さらにもう2つ型を作り、卦書きを入れます。
卦書きだけでは判り辛いので、青のマジックを入れています。
そうそう、赤く塗ったところは、これ以上削ってはいけないのマークです。


では、続きは下をポチッとな!。
続きです。

青と青のラインを繋ぐ様に削ります。


ノコヤスリでは面が荒れているので、普通のヤスリで面を均します。


この段階で、気になる測量ですよ。
前回の柄と同じ様に、こちらも300gを切りました。



さて、改めて削りを進めます。
最初の写真の赤いマーキングしたところを更に攻め込みます。
赤い「これ以上削っていはいけない」マークをギリギリに残して削ります。


削り終わりました。
マークがすべて見えなくなってますが、ギリギリで攻めているので、余計なところまでは削ってませんよ〜。


改めて、また測量です。
一気に?10gも軽くなりました。


反対面も同じ様に削っていきます。


さてさて、ここでちょっと面白い?ことを…。
この段階で、ベベル(刃面)を2段階に削ってますが、この面がどうなっているか?。
ヤスリを乗せてみましたよ。


こんな感じで2段階に削れました。
反対面もも同じ感じになりましたよ。
一番奥が元のフラットの面、 真ん中が今回削った面、一番手前が最初に削った刃に接する面です。奥と真ん中の差がほとんど判りませんが、微妙に角度が付いてます。まぁ、コンベックス(蛤刃)の滑らかなラインを出すにはちょうど良いかな?


ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿