2016年10月22日土曜日

JKGナイフショー2016 の3

今日もJKGナイフショーの模様を紹介しますね。
けど、今回が最終回になります。
実際のところ、会場に居たのは約4時間。このうち実際にテーブルを回れたのは、3時間も無かったかな…。次回はもう少し時間を作って、たくさんのテーブルを時間をかけて回りたいと思います。

では、早速。
こちらは内田さん。いつも爽やかな笑顔で迎えてくれます(ありがとうございます)。
右のリスト。青いシールは何のマーク?。


では、続きは下をポチッとな!。

続きです。

こちらは四国から多松さん。
綺麗なミラーの作品が並びます。
 あまりお話ができませんでした。次回、よろしくお願いします。


こちらは奈良定さん。
右の重ねて並んでる2本。奈良定さんご自身が鍛造で鍛えたものだそうです。
皆さん色々チャレンジしてますね。刺激を受けます!。


こちらは淡路島からの川上さんです。左にkeiz knivesでリンクを貼ってます。
今回、コンテストで入賞してますよ〜。何でも 2回出して2回受賞。受賞率?100%は凄いです。
さて、肝心の作品。とても丁寧な仕事されてます。デザインも面白いですよ。


こちらは星山さん。ナイフ造りよりエングレーブの方が忙しい?。
今回、奥様&娘様にお会いできました。色々お世話になっておりますm(_ _)m。


さて、コチラは四国から林田さん。左にWork of Art NAPI でリンクを貼っています。よかったら見てみてください。
今回、花魁という新作を掲げてです。
エングレーブというよりスクリムショー?。とても細かい彫りでした。
拡大写真がありますが、これが鞘に施されています。すごいですよ。


花魁の拡大写真。
で、本題から逸れますが、右にある丸いルーペ。
100均の虫眼鏡のレンズに革ケースを作ったものだそうです。
とても100円に見えませんね。私も作ってみようかな?。


コチラは武市さん。左にRock Edge Works !でリンクが貼ってあります。見てみてくださいね。
タクティカル系のナイフが主流ですね。
今回の私的なムムムは、右下のペティーナイフ。
こういうの私も作りたいと思ってます。


さて、最後になりましたが、コチラ藤田さん。
独創的なナイフが並びます。
今回も色々お話が聞けました。ナイフ造りの参考にさせて頂いてます。
ありがとうございます。


さてさて、以上で紹介を終わります。
他にも盗撮?ではありませんが、ご主人がいないテーブルの写真だけ撮ったり(ご本人の許可を頂いてないので載せません)、相変わらずの手ぶれなどで載せられないような写真もあります。
次回、時間を掛けてしっかり回って、しっかり紹介したいと思います(前回も言ってたかな?)。
ではでは、今回はこんなところで。

2 件のコメント:

  1. 内田さんのテーブルで、リストに貼られた青いシール。
    あれは、売れたものを示してました。
    5本持ってきたブレード5インチのナイフが、土曜日の夕方にはすべて売れたと話されてましたよ。

    返信削除
    返信
    1. クロウサギさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      やっぱりそうでしたか〜。
      今回、あまりお話できなかったので…。
      内田さんのナイフは、丁寧なお仕事&きれいな仕上げで、値段の設定が割と低め(個人的感想)ですから、人気ですね。

      削除