2016年10月27日木曜日

コンテストナイフ28の作製記 27

コンテストナイフの続きです。

斜めの削り面を合わせて、こんな感じになってきましたよ。
本体(ブレード)の背(上面)も丸めるために角度をつけて削っています。


では、続きは下をポチッとな!。

続きです。
上の写真を角度を変えてのアップです。
柄の上面の曲面とブレード(刃)の曲面を合わせています。


ここだけではなく、ベベルストップ(刃の立ち上がり部分)はこんな感じ。
柄とベベルストップの曲面が一体になるように削ってます。


角度を変えて、こんな感じです。
ちゃんと左右対称になっているでしょ〜!。


さて、ここでブレードを切り離して、ブレードが入る溝の部分に再度保護用の養生テープを貼ります。


で、裏面(柄の下側)を削っていきます。
万力で挟むのが結構厳しくなってきています。


前回、柄尻部分と柄の下側を上手く曲面で繋ぐ様に削っていきます。


ここも左右対称がちゃんと保てる様に削っていきますよ。
もう見て判ると思いますが、一気に曲面で加工するのではなく、やはりキチッとした加工をするには多面体ですね。


さて、またまた改めてブレードを組み込んで削ります。
いよいよ丸める作業に入りますよ。


上との写真比べてみて、違いが判りますか?。
微妙な曲面ができてますよ。
こんな感じで、ボチボチと全体を削っていきます。


が、ここで、改めて計量を。
なんと、さらに20gも軽くなっていますよ〜。


ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿