2017年1月4日水曜日

ボーイング787の修理…

今日はちょっと古いネタですが…。
お孫ちゃん(今は九州に居ます)が来た時に、大切にしていた飛行機の模型(ボーイング787)を踏ん付けて…大切なエンジンが取れてしまいました!。
オ〜マイゴッド〜!ですね。


では、続きは下をポチッとな!。

続きです。

ここは爺の腕の見せ所!。
そのまま接着するんでは、接着する面積が小さすぎます。
ので、まずは穴あけ。
2mmのドリルで穴あけです。
で、写真には撮っていませんが、エンジン側の面にも2mmの穴あけをしています。


ここに2mmのステンレス棒を差し込みます。
もちろんクラフト用の接着剤をつけています。
エンジン側の穴にも接着剤を入れて…


差し込んで、マスキングテープで固定。
これで24時間乾燥。


完成の写真はありませんが、お見事、綺麗に接着できました。
お孫ちゃんも大変喜んでおりました。

ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿