2016年4月17日日曜日

サクラブレードショーの1

今日はサクラブレードショーの紹介をしていきます。
昨日、今日と淡路町の会場で行われていましたよ。
私は昨日のみでしたが、お邪魔してきました。
毎度…ですが、全部のテーブルを回ることができませんでした。
紹介できない方…すみません。
では、今日から3回で紹介していきたいと思います。

先ずは、K職人さん。
実はK職人さん、先日、病気で急逝されました…。
生前は色々とお世話になりました。改めてご冥福をお祈り致します。
今回は追悼テーブルということで参加です。
スチームパンクなど独特の世界観を持った作品です。
ブログは昨年12月までの更新ですが…左に「Lotus & Maple & Walnut」でリンクを貼ってあります。良かったら見てみて下さい。

1並木

では、続きは下をポチッとな!。


続きです。

コチラはカッシリアさんこと加藤さん。
独特の世界観を持ったナイフです。
コンペックスグラインドが多い感じ。
ブログで紹介されていたパンツァー、思ったより小振りな感じでしたが、重量感ありましたよ。
私の登山ナイフで使ったハイブリッド接着された「軽トラ」も見せて頂きました。
私とは逆に刃を固定する方をエポキシ、柄を貼り合わせる方に弾性系を使用されていました。
左に「カスタムナイフ王国カッシリア」でリンクが貼ってあります。ぜひ見てみて下さい。

2カッシリア

続いてロックさんこ武市さん。
作品はタクティカル系が多いです。
右上にあるサバイバル系のナイフ、ランボー風??でやっぱりカッコイイですね。
さて、今回、柄用の特殊素材の横流し?をして頂きました。
ありがとうございます。勿体無くてなかなか手を付けられないかな?。

3ロック

ちょっと小振りな作品を見つけましたが、けっこうズッシリ。
小さいインテグラルナイフでした。厚さ8mmの鋼材から削られたそうです。
鋼材、聞いたけど忘れちゃった…スミマセン。
左に「Rock Edge Works !」でリンクを貼っています。
見てみて下さい。

4ロック

その隣、私の憧れの作家さん、二部さんです。
二部さんの作品、やっぱり惹かれますね。
最近、大きいの見た事ないんですが…出てこないかなぁ〜。


5二部

そのお隣、久山こと小田さんです。
初めてお話しできました。
手前の切り出し、写真では判り難いですが、深い赤に染め付けされています。
昔ながらの錆付けだそうです。
この技術、私もモノにしたいと思いますが…難しそうですね。

6久山

そのお隣、黒崎さんです。
越前(武生)からの参加です。
武生ナイフビレッジは何度かお邪魔してますが、その近所(向かい?)に工房を持っているそうです。
包丁が専門という事でしたが、綺麗なナイフが揃ってましたよ。

7黒崎

中でもお勧めというのがコチラ。
北海道の猟師さんが絶賛という事で、YOUTUBEにも紹介されている作品だそうです。
柄がちょっと面白い形をしていますが、とても持ち易かったです。
ブレードも切っ先が丸めにデザインされてて、スキナーとしても使いやすいのかな?なんて想像しながら拝見しました。

8黒崎
ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿