2016年9月26日月曜日

コンテストナイフ28の作製記 11

さて、今日もコンテストナイフの続きです。
が、その前に、こうやって毎日更新できるのは、ちょっと前に書き溜めしたモノがあるから…。しかし、ボチボチと書き溜めた記事も品切れ。どうしましょう…。
まぁ、何とか続けていきたいと思います。

さて、では本題です。

鋼材の厚みも判ったので…そうそう…、厚みは5.2mm弱でした。
今回は柄材に鋼材の厚みでU字形に切込みを入れ、そこに鋼材を埋め込む形にします。


では、続きは下をポチッとな!。
続きです。
厚さに合わせて5.2mmのドリルで穴開けをして、U字型の溝を切るのですが…、5.2mmで穴開けしてしまうと、けっこうブカブカサイズになる可能性があるので、5.1mmのドリルで溝の最終部分(溝の終了部分)だけ穴開けします。
チョット写真では判り辛いですが、鋼材が入るラインに合わせてドリルのラインを合わせます。この角度がズレてしまうと隙間ができてしまいますからね…。


 こんな感じで、きれいに穴開けをしていきます。


中心からズレずにキレイに穴開けできました。


さて、ここから先端部(柄の刃側)に向けて溝を切っていきますが、ここは正確に中心にドリルを入れていきたいので、ちゃんとセンターポンチを打ってから穴開けして行きます。



いよいよ穴開けをしていきますが、ここは少し余裕を持って4.5mmで穴開けをしていきます。


で、開いた穴を糸ノコで切り繋いでいきますが…


面倒なので、鉄ノコで切り繋いで行きます。


黒い線のところにハミ出さないように切っていきます…。
が……何か効率悪いなぁ〜〜。
そうそう、いきなりフライスを使うのはチョットためらいがありまして…。
機械で一気にやってしまえば楽なのですが、手慣れた手作業の方が良い様な気が…
(本当の理由は次回に…)。


ではでは、続きは次回で。
今日はこんなところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿