2018年6月3日日曜日

お魚ナイフの量産タイプ1 の5

今日もお魚量産タイプの続きです。

前回、紫檀系の柄材を切りましたが、もう一本分。
こちらはピンクアイボリーで作ります。
こちらのピンクアイボリーは色が薄め。ほとんど白に近いピンクです。

ちょっと厚みがありすぎるので、縦に半分に切ります。
鋸引きで行きますよ。


では、続きは下をポチッとな!。

続きです。
見事、縦に真っ二つです。
木目が綺麗ですね〜。


細かい工程は省きまして…。
いきなりですが、整形完了です。
一応、ピンクアイボリーも白い部分が腹になるように切り出しました。


さて、これにエラにあたる部分、ヒルト材を用意します。
紫檀系はアフリカンブラックウッド。
ピンクアイボリーは柘植で作ります。
金属のヒルト材と同じように作っていきます。罫書き(鉛筆ですが)を入れて、ポンチを打っていきます。


で、鋼材の厚みと同じ径のドリルで穴あけです。
鋼材の厚みは3mmなので、ドリル径も3mmですね。


紫檀系も同じように開けていきます。


2箇所開けました。


では、今日はこんなところで…。
の前に、ちょっと告知?。
先日に引き続き、ホームページの方を一部リニューアルしました。
メニュー画面を2階層に。ナイフ専用のメニューを作りました。
記事の内容はまだ変わっていませんが、ボチボチと更新予定です。
上にリンクが貼ってあるのでよかった見てみてください。

ではでは、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿