2017年12月10日日曜日

コンテストナイフ29 の22

昨日は失礼しました。
家の行事がたくさんありまして…(親戚が集まる行事あったので…呑み潰れてました)。

さて、今日もコンテストナイフの続きです。
前回、柄材とヒルト&バットキャップの型合わせができました。
が、まだまだ隙間があるので、詰めをしていきます。

詰めの作業の道具はこちら。
テープのりと紙ヤスリです。ちなみに紙ヤスリは#180ですよ。


さて、どう使う?。は下をポチッとな!。

続きです。
ヒルト、バットキャップのヒルト材の接続面に紙ヤスリを貼ります。


そして、柄材の上に乗せまして…


左右にゴシゴシと削ります。
が、ペーパー(紙ヤスリ)では、なかなか削りも進まないので、目印として削れた面を普通のヤスリ(棒ヤスリ)で削ってから、再度紙ヤスリを当ててを繰り返し、隙間をなくしていきます。


最終的には、こんな感じで、ほぼ全面がヤスリに当たるようになります。
これで、隙間なく繋ぐことができます。

 
バットキャップの方も同じように加工していきます。
下の写真は削り始めで、ヤスリの当たる部分が少ないのが判りますか?。
これにヤスリを当てて調整していきます。


で、バットキャップも綺麗に合わせる事ができました。


では、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿