2017年11月5日日曜日

一足先に…コンテストの結果

今日もコンテストナイフの続き…と思いましたが、今日はコンテスト結果について、一足先に完成写真&講評を披露しようと思います。

先日、マトリックスさんに新しいナイフ(コンテスト用ではないです)を焼き入れ出しに行った時、コンテストナイフを引き取ってきました。

先ずは講評を(これが結構楽しみなんです)。
良い点などの講評は嬉しいことが書いてありましたね〜。ありがとうございます。
改善点については、重いのは自覚していました。、また、握りやすさについては私個人的にはとても気に入っているので…スルーします。ロゴの件については、今色々と検討中ですので、来年の作品には活かしたいと思います。審査員の皆様ありがとうございました。


では続きは下をポチッとな!。
続きです。
ナイフの本体の完成図。
※ここから先の写真は、小僧さんが撮ってくれた写真です(ありがとうございます)。


反対側も。
どうです〜、綺麗でしょ〜〜!(自画自賛)。


ハンドルのアップです。
このアフリカンブラックウッドと真鍮の曲面合わせ…、後日紹介しますが、えらい大変な作業でしたよ。



ハンドルの反対側。
これを左右対称に作るのも非常に気を使って大変な作業でした…。


そして、 ケースです。
ケースの材料は、ナイフの柄と同じアフリカンブラックウッドで作っています。
これは逆さまに写ってますが、ブレードの形をアルミ材でケースの外に形取り、ケースに入れた状態でもナイフのイメージが崩れないようにデザインしてみました。


裏側のベルトループの部分。
このベルトループは取り外しが可能で、他のパーツとの交換もできます。
※他のパーツは作成記の方で紹介しますね。


で、最後にディスプレイ用のケース。
これはアセテート樹脂で作ってものですが、こちらもデザインから作成までえらい大変でした…。
まぁ、こちらも後日紹介しますね。


では、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿