2018年3月4日日曜日

鍛金の道具

今日はコンテストナイフにしようかと思いましたが、昨日「いも槌」の話をしたので、話題が新鮮なうちに紹介しておきますね。

バラす前の写真を撮り忘れてますが、買ってきた「いも槌」をバラした状態です。


では、続きは下をポチッとな!。

続きです。
いも槌の打面です。
細い方、曲面なしのフラットな丸になってます。
おまけに打面は粗いヤスリ目が残ってます。


太い方の打面も同じように…。こちらはちょっと曲面になってます。


ここで、ちょっと軽を測ってみます。
太い方の径が13mm。
なんと!、うちのボール盤に挟める径ではないですか!!。
良い子は真似をしてはいけない画像は載せないことに…。簡単に言葉で説明すると、ボール盤のチャックに、この槌を咥えてヤスリ掛け&ペーパー掛けをしていきました。
回転させながらなので、作業がとても捗ります。
ちなみに、ヤスリは中目と油目。ペーパーは#320、#600、#1200、#2000、#3000です。


すると、打面はこんなにピカピカに!。
ちなみにこちらは細い方。


太い方の打面も鏡面になりました。
カメラが写りこんでますね〜。


で、この「いも槌」で叩いたのが昨日のシャープペン。
昨日の写真をもう一度載せておきますね。
鏡面の打面で叩くと鍛金された方も鏡面になります。
叩いてて気持ちが良いです。


では、今日はこんなところで。

0 件のコメント:

コメントを投稿